津川だけどサム・ジョーンズ

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

治療の選択肢がそれしかない患者さんに最適な治療方法になります。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

ろくに歯磨きもしないでいると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、義歯の耐用年数自体が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。

インプラント治療による危険性を様々な情報ツールで調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。

でも、気にしなくて良いです。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査で問題になることはまずありません。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れを必要としないとは言えません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

自分の歯のお手入れと同じように歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

全てのインプラント治療にとって大事なのがどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、たくさんの症例を治療してきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

また、それに加えて、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているどんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも重要なチェックポイントになります。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

この点は、歯科医の技量や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、誰にでも当てはまることではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れた部位を冷やすなどしても、なお数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、毎日欠かさず行うようにしましょう。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、異常に気付くのも遅くなります。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です