広瀬の弁慶

興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、別段変わりは無いと言っても良いでしょう。

双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、同じような仕事内容です。

でも、どちらかを選ぶとしたら興信所は、企業や団体からの依頼向けで、個人からの依頼の多くは探偵事務所に行っています。

探偵の仕事は依頼された調査を行えば終わりというものではありません。

浮気の実態を調査し始めると、意外な問題が起こる場合もあります。

そういう時には、依頼した人のことを何よりも先に気にしてくれる探偵が信じられる探偵と言えるでしょう。

探偵を信頼してもいいか判断するには、相談する時の様子などで落ち着いて決めてください。

浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、調査が必要とする時間は減るので、調査にかかるお金は少なくなります。

ですが、いつ浮気をしているか知っているにしても、知人に相談して証拠の写真をゲットしてもらおうとしたって、骨折り損になることは確実です。

知られずに証拠写真を手に入れるにはプロに任せるのが一番でしょう。

日々、相手の生活の様子を気をつけてみておくことは自分ひとりでも可能ですが、言い逃れのできないような浮気の証拠を入手するためには、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方がトラブルなく、確実に結果が得られます。

それに、探偵に頼んだ場合には、浮気に関する証拠が手に入る、ということにとどまらず、豊富な経験にから様々なアドバイスをもらえるということも、貴重なことです。

相手に全く覚られずに、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、必要とされる技術および機材があります。

浮気現場の写真を撮ったとしても、顔が見分けられないような露出不足だと残念ながら証拠とは言えません。

探偵なら浮気調査をする場合、非常にコンパクトなカメラを使って相手にバレないようにはっきり判別できる写真を撮ります。

不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。

実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、額は低くなるのです。

また、不倫相手の方が浮気を認めない際は証拠が必要とされます。

どの人からみても明らかな不倫の証拠を用意しなくてはいけません。

成功報酬の難しいところは、仮に、浮気調査について依頼した場合には、調査期間が3日間だったとして調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければ調査は成功ということになるでしょう。

実際には浮気していたとしても、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、浮気の証拠がつかめないまま、調査は完了し、成功報酬としての料金を請求されます。

自ら動くより、探偵に浮気調査を頼む方がいいと思います。

探偵に依頼すると、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれます。

自ら浮気調査をしてみても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。

だからといって、パートナーを責めてみても、「そんなことはしていない」と浮気を認めなければ、有利な条件での離婚はできないでしょう。

有利に離婚するためにも、確かな証拠が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です